装着と取り外し説明

3Dデータ技術・3Dプリンター使用ネットからのご注文&商品代金のお支払いはコチラTOPページご注文方法お支払方法製品写真価格と納期会社概要

装着と取り外し説明

ゲルフィットでの装着と取り外し

希望の位置を確認するイラスト
1、希望の位置を確認する。
「人工乳房」の高さ、左右の位置を確かめ、
少し回転させてみるなどして、
お客様の希望の状態になるように位置決めしてください。
人工乳房を胸に装着するイラスト
2、お客様の胸に装着する。
人工乳房を胸に押し当ててください。

人工乳房の裏側にあるゲルフィットが
お客様の胸にしっかりと粘着します。 
人工乳房の貼り直し、または取り外すイラスト
3、人工乳房を貼りなおす。
または取り外す。
人工乳房を装着したものの位置が気にいらなかった場合、
簡単に取り外し再取り付けができます。

人工乳房を取り外す際は、
端部を指でつまんで優しく外してください。
そして再度希望の位置に押し付けて装着しましょう。

※シリコーン100%のデリケートな製品ですので優しく取扱をお願いします。
ワンポイントアドバイス
ブラジャー内に入れる場合とブラジャー無しの場合しの場合
ブラジャーの中で人工乳房を使用するイラスト
ブラジャーの中で
人工乳房を使用する場合
装着位置はブラジャーの中で形が整いやすい「高い位置」にしてください。
人工乳房は柔らかいとは言え、本物の乳房より動きは悪いです。
お体の乳房と同じ位置にすると下垂した乳房の場合、ブラジャーをつけた際に、上の位置への再装着が必要になる場合があります。
ブラジャー無しで人工乳房を使用するイラスト
ブラジャー無しで
人工乳房を使用する場合
お体の乳房と同じ位置に合わせて装着しましょう。

装着剤での装着ととりはずし液での取り外し

温泉やプールなど水の中に入る時やスポーツをする場合には、装着剤を利用します。

装着剤をつけるイラスト
1、装着剤をつける。
人工乳房の周囲に装着剤のふたについているハケで、装着剤を塗布します。
目安としては幅2〜3pです。
コツはシリコーン装着剤を塗る切れ目がないように周囲にまんべんなく塗ることです。
塗ってない場所があるとそこから水が入り人工乳房が脱落する原因となることがあります。
人工乳房の内側は空洞になっています。
空洞部分に装着剤をつけても意味がありません。
<お肌が敏感なお客様>
皮膚保護被膜剤をご用意しています。
人工乳房がお肌につく部分に予め皮膚保護被膜剤を塗ってください。
皮膚がカバーされ装着剤が直接お肌につきません。
人工乳房を胸に装着するイラスト
2、人工乳房を胸に装着する。
装着剤の場合には、貼り直しがききません。
しっかり位置決めをして胸に押し当てて接着させてください。
人工乳房の取り外しイラスト
3、人工乳房の取り外し。
装着剤を使用している場合には、とりはずし液を使用して取り外します。
とりはずし液を人工乳房の端部の裏側にやさしく当てて、はがしていきましょう。
ゆっくりと取り外すイラスト
4、ゆっくりと取り外す。
ゆっくりとだんだん広範囲にとりはずし液を使用し人工乳房を体から、はがしていきます。
人工乳房を体から取り外すイラスト
5、人工乳房を体から取り外す。
最後までとりはずし液で優しくはがしていってください。
ワンポイントアドバイス1
人工乳房は製品の周囲部が薄くなっています。その部分が一番傷みやすい場所となっています。
人工乳房を体からはがす際には、最後までやさしくとりはずし液で外していきましょう。

ワンポイントアドバイス2
装着剤やとりはずし液は製品の表側につかないように注意しましょう。
人工乳房の表側に装着剤などがつくとそれをはがす際に表面が傷みます。
その修復はできませんので注意しましょう。

ワンポイントアドバイス3
ワイヤー入りのブラジャーは、できるだけご使用にならないようにしてください。
人工乳房や人工乳房の乳首が擦れて傷む原因になります。

2個使いをお勧めします。

フルオーダーメイド人工乳房
普段使いと温泉・スポーツ用との
2個使いをお勧めします。
人工乳房の裏側に装着剤を使用した場合、
その部分のゲルフィットがとりはずし液ではがれていきますので
粘着しなくなっていきます。

1、普段使いのものはゲルフィットのみで体に装着して使用。

2、温泉に入るときやスポーツをする際には、
常に人工乳房用装着剤を使用して使うといった使い方を推奨します。
フルオーダーメイド人工乳房のマイブレスト お電話でのご相談・ご予約
ナチュラルブレスト社に来社してご注文 全国のフィッテングサロンで注文
セミオーダーメイド人工乳房はコチラ はじめてのお客様へお支払はコチラから 乳房再建されたお客様向け
ページ上部へ